アスリートによる

健康経営プロジェクト

約50名のトップアスリートが在籍。
アスリートの力で
企業、従業員を元気にします!!

柔道フィリピン代表
中野 経清

2020パラリンピック
ブラインドサッカー日本代表
川村 怜

2021リトアニアW杯
フットサル日本代表

加藤 未渚実

フットゴルフ日本代表
辻本 亮

VISION & MISSION

2018年 株式会社スポーツタカハシ(スポタカ)の事
業部から創業し2019年に分社。NewSPO.は誕生し
ました。プロ、アマチュア含め、現在約50名、30競
技のアスリートが在籍。 スポーツチームのサポート
契約10チーム。
“スポーツの価値を最大化し、社会に役立てること”
をビジョンとしアスリートのセカンドキャリアに対
する課題解決を最大のミッションとしている。

全てのアスリートが共通して持つ最大の能力として、
コンディショニングや、フィジカル食事管理など
トップアスリートとしての経験を社会に役立てたい
と考えアスリートによる『健康経営プロジェクト』
を立ち上げました。

アスリートが人生をかけて培ってきた、身体に対す
る知見を企業に役立てより従業員のパフォーマンス
が向上するお手伝いをしていきたいと考えます。

株式会社 NewSPO.

設立:2019年11月(2018年11月より事業化)
所在地:大阪市中央区西心斎橋2丁目5番9号
スポタカビル12F

事業内容:
アスリートマネジメント事業
健康経営企業研修事業
SNSサポート事業、Web製作、動画静止画撮影
事業 / スポーツチームサポート事業
オーダーメイドスーツ事業
HP : https://newspo.co.jp/

目的とメリット

従業員の心と身体の健康促進

従業員のコミュニケーション促進

働きやすい職場環境の提案

離職率低下

労働生産性向上

採用率向上

労務リスクの低減

企業ブランディング向上

健康経営優良法人認定制度とは

健康経営優良法人認定制度とは、地域の健康課題
即した取組や日本健康会議が進める健康増進の取組
をもとに、特に優良な健康経営を実践している
大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度です。
健康経営に取り組む優良な法人を「見える化」する
ことで、従業員や求職者、関係企業や金融機関など
から
従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的
に取り組んでいる法人

として社会的に評価を受けることができる環境を
整備することを目標としています。
本制度では、大規模の企業等を対象とした「大規模
法人部門
」と、中小規模の企業等を対象とした「
小規模法人部門
」の2つの部門により、それぞれ
健康経営優良法人」を認定しています。

「健康経営優良法人」に認定されると、従業員や求
職者、関係企業や金融機関などから「従業員の健康
管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでい
る法人」として社会的な評価を受けられます。
また、「健康経営優良法人ロゴマークの使用が
可能となります。

①アスリート訪問 1項目

NewSPO.所属アスリートが
企業へ訪問してトレーニングや
講義をさせていただきます。

・競技体験 or 競技実演
・アスリート講義

②メンタルトレーニング 4項目

・集中力アップ part1
・集中力アップ part2
・コミュニケーション part1
・コミュニケーション part2

③トレーニング&ケア 5項目

・肩こり腰痛解消 part1
・肩こり腰痛解消 part2
・メタボ改善
・姿勢改善トレーニング
・ヨガ

主な講師

多々良 敦斗 ATSUTO tatara

担当:メンタルトレーニング

名門清水東高校を卒業後、静岡産業大学に入学。大学卒業後に松本山雅FCへ入団。ベガルタ仙台、ジェフ千葉と渡り歩き、現在FCマルヤス岡崎にてプレー。
現役選手を続ける側、アスリート心理トレーナーの資格を取得。

アスリートから一般の人まで自身のプロサッカー選手で培った経験を活かしてメンタルのサポートを行う。


上田 恵 KEI ueda

担当:メンタルトレーニング

中学1年生からソフトボールを始め、高校は地元の公立高校に進学。インカレ10年連続出場校であった愛知県の東海学園大学に進学。
卒業後、シオノギ製薬女子ソフトボール部へ入団。2017年引退。引退後、性同一性障害の診断を受け、ホルモン治療開始、性別適合手術後、2019年に戸籍を男性に変更。(名前の読み方を“めぐみ”から“けい”に変更)2020年3月に塩野義製薬株式会社を退職。

2020年4月にNo.1 HEROESを開業。現在はスーパートレーナーとプロスポーツメンタルコーチとしてアスリートのサポートを中心に活動している。


石原 亮太 RYOTA ishihara

担当:トレーニング&ケア

ヴィッセル神戸Jr.ユース-桐蔭高校-大阪産業大学でGKとしてサッカーを経験。卒業後はライザップへ就職し、トレーナーとしての経験を積む。

2021年に独立をし、アスリートや一般の方のパーソナルトレーニングや、ケアに取り組んでいる。

身体の使い方や、呼吸の仕方など、トレーニングを通しての痛み改善を得意とする。


中川 裕貴 YUKI nakagawa

担当:カウンセリング

23歳から心理学を学び始める。パナソニックに9年間勤務していたが、「自分と同じように悩む人を救いたい」と27歳で心理カウンセラーとして独立。15年間で 3,000名以上にカウンセリングを行い、人が無意識に抱えている悩みの根本原因を見つけ出しその場で解決することを得意とする。
現在は「90分で心の状態を変える心理カウンセラー」として活動する一方で、プロスポーツ選手のセカンドキャリアを支援するため「アスリート心理トレーナー」の育成事業も手がける。

『心理学を通して、社会の悩みを解決し世の中を明るく!元気にする!』というミッションを掲げ、心理学の面白さと可能性を伝える活動をしている。


AYA

担当:ヨガ

Yoga Studio&Dog cafe”LUNA”のオーナーでありヨガインストラクター。

全米ヨガアライアンス(ERYT200)
AARSHA YOGA VIDYA PEETHAM (RYT500)
IYCアシュタンガ ヨガ指導資格認定 ケンハラクマ ラジヨガ指導認定
リストラティブヨガ teacher’s training 修了(RYT500)


川村 怜 RYO kawamura

担当:アスリート

東京2020パラリンピック
5人制サッカー日本代表のキャプテンであり10番を背負うエースストライカー。
小学1年から少年サッカーをやっていたが、5歳のころぶどう膜炎を発症。7歳のころからその進行により視力が著しく低下し24歳で全盲の診断を受けた。中学以降はサッカーを離れ、陸上競技に取り組むが2007年に進学した筑波技術大学で、ブラインドサッカーを始めた。
2013年3月、日本代表に選出された初戦であるブラジルとの親善試合で、代表初ゴールを奪う。2014年の日本選手権では、MVPに選ばれる。

ブラインドサッカー体験やダイバーシティをテーマにした講義で社会貢献活動を目指している。


中澤 朋樹 TOMOKI nakazawa

担当:アスリート

高校2年生の冬、模試の最中に教室の壁の時計に目をやると文字盤がぼやけていた。視神経の難病「レーベル病」と診断され、1.5あった視力は一か月で両目とも0.01に。眼鏡をかけても視野の中心部はぼやけ視覚障害者となった。
2017年~ロービジョンフットサルの日本代表強化指定として活動している。2019年にはスペインやトルコの大会に出場。

現在は2023年大会で世界一を目指して活動中。
また、視覚障害者がプレーするロービジョンフットサルを知ってもらおうと、体験や講演活動を積極的に行っている。

プラン

Counseling & Training

・心理カウンセラー相談窓口1年間(利用制限なし)
・ハラスメント相談窓口
・プロアスリートセミナー&運動指導・・1回/年
・アスリートメンタルトレーニング・・・4回/年
・アスリートトレーニング&ケア・・・・5回/年
・ヨガレッスン・・・・・・・・・・・・1回/年
【上記すべて全従業員対象】

Check & Support

・ストレスチェック 【全従業員対象】
・メンタルヘルス動画研修 【全従業員対象】

・職場環境改善計画作成
・健康経営優良法人認定サポート
・産業保健関係助成金申請サポート


※翌年以降はストレスチェックのみ

※上記費用は、15日までのご契約で当月末日までのお支払い。15日以降の契約で翌15日までのお支払いとなります。

助成金概要

・心の健康づくり計画助成金・・・・・100,000円

・事業場における労働者の
 健康保持増進計画助成金・・・・・・100,000円

・ストレスチェック・・・・・・・・500円 × 人数

・職場環境改善計画・・・・・・・・・100,000円

社会保険労務士法人ビジネスアシスト
代表 西田 誉夫

〒532-0011
大阪府大阪市淀川区西中島6-6-17 RIC 1stビル3F
TEL:06-6889-2665

オプションサービス

① 動画提供サービス

アスリートが企業を訪問した様子を
写真や動画を撮影して納めさせていただきます!
主題:1分〜5分ほどの動画収録

※関西エリア外は交通費負担


100,000円 (税別)


② メディア掲載

年間ロードマップ

NewSPO. 健康経営プロジェクト

アスリートの力で、企業を、従業員を元気にします!